こんばんは。愛知県豊川市在住のPC講師しまごろうです。

前回のブログで、写真のバックアップについて、Googleフォトについてご紹介しました。

同じクラウドサービスで、iPhone、iPadの方には、iCloudがあります。
iCloudは、写真だけでなく、連絡先やカレンダー、メールなど
スマホ全体のバックアップができます。

もちろんiCloudという金庫は、ID、パスワードで管理されてるものなので、
利用者本人しか見れない仕組みになっています。

ところが、悪意のある第三者によって、パスワードが漏洩してしまう事件があるのも事実です。

つい2、3日前にも、iCloudパスワードが400万件も漏洩した可能性があると
一部メディアで報道がありました。

「漏えいするなんて、怖いから使うをやめる」って言わないでください。

自ら対策をすれば、安全に使えます。

主な対策としては、

  1. パスワードを定期的に変更する
  2. 2段階認証を使う

2段階認証というのは、普段持っているスマホではない、別のスマホやパソコンから
クラウド(金庫)にアクセスする場合に、
「本人がアクセスしていますか?」と普段持っているスマホに確認メッセージが届きます。

なので、第三者からの万が一クラウドにアクセスされた時にも、確認メッセージが来るので
「見に覚えのないアクセス」と報告すれば、金庫を開けられる前に、食い止めることができます。

自己防衛の方法を知った上で、安全に便利にクラウドサービスを利用して下さいね。

では、今日はこの辺で~

ほんじゃぁのーん(^O^)/