いつもありがとうございます.

パソコン教室 マナカル豊川諏訪校の村松です。

 

4月から、新学年ですね。

先生もクラスの仲間も変わり、楽しみでもある反面

環境の変化に子供たちも敏感になる時期だと

思います。この環境の変化は、子供たちの

メンタルを強くチャンスでもあります。

その時に必要なのは、子供たちの話をしっかりと聞き、

お母さんからの励まし、勇気づけです。

いつも通り毎日学校が楽しく通えるように

サポートしていきたいですね。

 

さて、毎月20日に教室の様子や子育てに役立つ情報を

配信していきます。

 

メルマガ、不要な方は、お手数ですが下記のリンクより

配信停止のお手続きをお願いします。

 

※本メルマガは、在校生の保護者の方、教室へ体験

などにお越しの方に向け配信しております。

 

*********************************************

【今月のもくじ】

  1. 校長コラム「どーせむり 人の自信と可能性を奪う言葉」
  2. 教室のようす
  3. イベント情報
  4. がんばってるお母さんへ
    気持ちが軽くなる処方箋コラム Byパパさん
  5. 教室からのお知らせ・配信停止

*************************************************

1. 校長コラム「どーせむり 人の自信と可能性を奪う言葉」

みなさん、植松努さんを知っていますか?

池井戸潤の小説「下町ロケット」の題材になった方です。

「下町ロケット」は、TBSのドラマでも話題になりました。

 

最近、コミュトレで、

「夢をもったほうがいいか、持たないほうがいいか」

というテーマで話し合いました。

 

そこで子供たちから出た意見の中に、

 

夢をもっていても「どーせむり」

 

私は、どうしてもそれが頭の中でひっかかっていました。

 

そんな中、植松努さんの動画に出会いました。

植松さんは、動画の中で「どーせむり」を取り上げていました。

とても簡単で楽な言葉だけれども、人の自信と可能性を奪う恐ろしい言葉です。と。

 

植松さんの幼いころの夢は、ロケットを作りたい。

でも、当時の担任の先生に、宇宙開発には、お金もかかるし、頭も良くなくちゃいけない「どーせむり」と言われ、とてもショックだったそうです。

でも、植松さんは今北海道で、たった20名の会社でロケット開発をしています。

 

「どーせむり」じゃないんです。

 

当時「どーせむり」といった先生は、宇宙開発などしたことがありません。

 

なのに、私たち大人は、勝手な先入観や、周りの情報から、経験もしたことがないことに、「どーせむり」のレッテルを張ってしまうのです。

このレッテルが、人の自信と可能性を奪います。

 

だから、マナカルに通うお母さんたちには、

自分に対しても、子供に対しても、「どーせむり」とレッテルを張らないでほしいのです。

 

植松さんは、こうも言っています。

 

「思うは招く」

 

思っていたら、その思いが強ければ強いほど、その目標、夢は叶います。

 

私の夢は、マナカルで一人でも多くの子供たちが自分の力を信じて、夢を持って幸せに生きて欲しいということです。

 

「どーせむり」を、「だったらこうしてみたら?」に変えて、自分も相手も認めあえるような社会を、まず、マナカルに通う子供たち、お父さんお母さんから、変えていきたいと強く願っています。

「思うは招く」を、私たち大人が子供たちに伝えていきたいですね。

 

是非、動画もご覧ください。

植松努さん TED「思うは招く

 

2.最近の教室

2020年からプログラミングが必須化になることを受け、ここ最近教室や教材が多くなり、注目度が高まってきています。

マナカルのプログラミングでは、論理的思考力の教化はもちろんですが、大切にしていることがあります。

 

それは、子供たちの意欲と個性を引き出す指導を重視しているということです。

 

だから、マナカルの子供たちは、いろんなアイデアを出してプログラミングをしてくれます。

自分のアイデアが認められることで、意欲も出ます。

意欲は、相乗効果でどの勉強にも前向きの取り組める力につながります。

子供たちの個性の芽を伸ばし、社会に出て必要な想像(アイデア)力、

表現力を子供たちが最大限発揮できるような授業をしているのが、マナカルです。

この意欲と個性を引き出す指導に目をつけて、

子供さんを通わせて下さる志が高い親御さんに囲まれ、

とても感謝しています。今後ともご協力、ご支援のほどよろしくお願いします。

 

そして、最近全国誌「AERA with Kids」にも紹介されたコミュトレが、パワーアップします。

後半30分のディベート、プレゼンの時間を20分に短縮しに、

語彙力を増やす「書脳」、パズルを使って空間把握能力を養う「算脳」の時間が加わります。

「書脳」は、漢検の受験を視野にいれた漢字の書き取り、

「算脳」では、空間把握能力を付けることで視点を変える力を養います。

すべては、人間にとって一番必要な必要なコミュニケーションツール「話す」力へ変換されます。

 

4月より現マナカル生に向けた無料体験も実施します。あたらめてご案内をお送りします。

新しいコミュトレに是非ご期待下さい。

 

3.イベント情報

・3/20~4/6まで、春休み集中プログラミング講座開講

春休みを有意義に過ごす

プログラミング講座

平日13:00~15:00の間で

4時間 7,800円が、限定15名に限り3,000円!

ご兄弟、お友達など、是非マナカルのプログラミングで、

子供たちの意欲の火をつけよう!

 

・第22回「ママのための写真整理教室」4月開催

4/11 (木)13:00~15:00

@カメラのキタムラ豊川諏訪店

「記憶のフックになる!一冊完結!究極アルバムをつくろう」

講師 写真整理アドバイザー 村松葉子

スマホ写真はどうしても撮りっぱなしになってしまいがち

ひと月11枚に厳選して、ポケットアルバムに入れたら

アルバムが完成。

今からでも遅くない!

もっと早く知りたかった簡単にアルバムづくりを

レクチャーします!

詳しくはこちら

 

4.がんばってるお母さんへ 気持ちが軽くなる処方箋コラム Byパパさん

ライフデザインエンジニア(人生設計技術者)パパ~ン(@paparn883)です。

 

本メルマガでは皆様に、日常で簡単に出来る『心と体の整え方』をサポート出来れば良いなと思っています。

 

『過去と未来の考え過ぎは、要注意!』

 

今回の記事は

・精神的に辛い

・ネガティブな事ばかり考えてしまう

 

こういった悩みを

 

・精神的に楽になった

・ポジティブに考えられるようになった

そんな効果が期待できる方法を、紹介します!

興味がある人は、ぜひ、手を止めて読んでください。

 

【そもそも何で、精神的に辛い、ネガティブ思考をしてしまうのか?】

結論は、『色々な事を、考え過ぎて、脳が疲れきっているから』です。

思考は常に、下の3つを、行ったり来たりしています。

・過去(後悔、怒り等)

・現在(今)

・未来(不安、妄想等)

つまり、思考を『現在(今)だけに集中して使う!』これが疲れた脳を休める、唯一の方法です。

 

【じゃー今に集中する、具体的方法は?】

①まずは、ラベリングします。

⇒ラベリングとは、過去(後悔や怒り)と未来(不安や妄想)を考えたら

「あ、後悔した事考えてる!」「あ、将来の不安を考えてる!」と意識する事です

②次にその感情を持ったまま、五感に意識を集中してください。

⇒たとえば、何か飲み物飲んだとして、飲み物の冷たさ/温かさ、味、ペットボトルの感触、コップの重さ、何でも良いので、五感を意識して感じてみてください。手をグーパーでも、呼吸に意識するでも大丈夫です。

③後悔や怒り、不安や妄想と言った負の感情が、治(おさ)まっている事に気付きます。

⇒これは、『思考(感情)より、五感で感じる事を優先する』人間の本能を利用しています。

五感は生命を守る上で、一番大事なセンサーなので、何よりも優先されます。

 

【最後に】

掃除や料理が終わったあと、すっきりした経験ありませんか?

何も考えない時って、実は五感を使って作業してる事が多いんです。

今に集中して、リフレッシュする方法、これがマインドフルネスの原理でもあるんです。

 

これは、『アンガーコントロール(怒りの制御)』や『集中力の上げ方』などにも使える方法なので、かなりオススメです。

ぜひ、一度試してみてください。大丈夫、きっとうまくいきますよ!

 

ツイッター(@paparn883)、ブログでも情報を出していますので、よろしくお願いいたします。

運営サイト「きっとうまくいく」はこちら

 

5.教室よりお知らせ

・コースの変更、退会は、前月の3日までにお知らせください。

 

・子供さんの気になることやご相談がありましたら、面談を受け付けております。こちらのメールにご返信いただくか、お気軽にお声がけください。

 

・ぜひお友達をご紹介ください。¥3,000の図書カードを進呈いたします。

 

・本メルマガのご感想などは、このメールアドレスへご返信をお願いします。

 

・メルマガの配信停止は、お手数ですが下記の「配信停止」のリンクから、本文にお名前を入力いただき送信してください。

mailto:info@sima56.com?subject=配信停止

 

 

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

バックナンバーはこちらからどうぞ。

 

今日も元気でありがとう

平成31年3月20日発行

マナカル豊川諏訪校 村松葉子

豊川市諏訪3丁目165-1

0533-79-4979

info@sima56.com

 

 

 

data-ad-client="ca-pub-1615557096658435" data-ad-slot="9812353100" data-ad-format="auto">