いつもありがとうございます。

 パソコン教室 マナカル豊川諏訪校の村松です。

 鬼滅の刃の映画が、先週末から公開になりました。「見に行ってきたよ!」と、教室でも話題になっています。コロナ前に楽しんでいたことが、新しい生活様式を取り入れ、できる機会がだんだん増えてきました。そうやって、みんなが生活様式もアップデートしていけば、withコロナでもさらに楽しめることは増えていくのではと思っています。

 さて、3月に延期になった発表会ですが、コロナの状況次第というのもありますが、授業参観という形で12月に開催できるよう準備しています。今年の締めくくりを、いつも教室にご協力いただいているご家族とともに笑顔になれたらと思ってます。

 詳細は、来月のメルマガでお知らせします。

毎月20日に教室の様子や子育てに役立つ情報を配信していきます。

メルマガ、不要な方は、お手数ですが下記のリンクより配信停止のお手続きをお願いします。

※本メルマガは、在校生・卒業生の保護者の方、教室へ体験などにお越しの方に向け配信しております。

*********************************************

【今月のもくじ】

  1. 校長コラム「子育て=母親の自己犠牲なのか?」
  2. 教室のようす
  3. イベント情報
  4. がんばってるお母さんへ
    気持ちが軽くなる処方箋コラム Byアツシ
  5. 教室からのお知らせ・配信停止

*************************************************

1.「子育て=母親の自己犠牲なのか?」

私事の話ですが、同居の義母が8月に手術し、現在自宅療養中です。今までは教室で帰りが遅くなる日は、義母に晩御飯作りをお願いしていたので、本当に助かっていました。今度は、私が義母を助ける役となり、私が早朝に6人分の晩御飯の準備をして出勤する生活です。でも、ありがたいことに、実家の母が週1回晩御飯をと届けてくれます。毎週、好意に甘えさせてもらい申し訳ないなという気持ちと感謝の気持ちでいっぱいです。

ある日のこと、私が「毎週、持ってきてもらって申し訳ないね。」というと、実母は「私がすきで勝手にやっているから、気にしないで」と言ってくれました。

“好きでやってる”って、どういうことなんだろう。この言葉がすごく気になっていました。

いろいろ考えているうちに、一つ私なりの結論が出ました。母は、私を助けたい、力になりたい。だから、自分の労力や時間を使って、晩御飯を届けてくれる。「母が私の力になりたい」という思いが、「好きでやっている」の意味なのではと思います。

これが「自分(母)の労力と時間を使うことが、私を助けることになる。」と、逆だった場合、実母は自分を犠牲にしていると感じ、毎週届けることが苦痛になったり、不満が出るのかもしれません。また、自分がやったことに対して、見返りを求めたくなるのかもしれません。

世間では、母親は自己犠牲しているとよく耳にしますが、犠牲と捉えるかは、「自分の労力や時間を使うことが、子供たちのためである。」と思っているのではないかと思います。

常に、母親は子どもたちが幸せになってほしいと願っています。その母親の願いを叶えるために、自身の労力や時間を使うことが必要ならば、自己犠牲にしているという感覚は生まれないのではと思います。

子育てをもし自己犠牲だと感じているお母さんがいるのなら、自分の時間や労力を子供たちのために使うのではなく、私の願い(子供が幸せになること)を叶えるために、母親として子供たちにしたいことは何か?それには、私の時間と労力が必要だとベクトルの向きを逆にすると、きっと少しだけ気持ちが楽になるのかもしれません。

今回は、私の現在の心の内の備忘録として書きました。私個人の見解に最後までお付き合いいただきありがとうございました。

2.最近の教室

プログラミングで使用しているソフト「スクラッチ」は、音楽を作成することができます。教室では、テキストでスーパーマリオのテーマを作ってもらいます。そのアレンジで、鬼滅の刃で人気の「紅蓮華」の曲をプログラミングしている子がいます。音楽をプログラムで作ると簡単に言っても、根気のいる作業です。音符や休符の長さを変数で指定します。音符や休符のコードを1音1音入れていきます。楽譜の音符の数だけ、ブロックが必要なのです。「紅蓮華」が作りたい!彼の意欲のパワーは、根気のいる作業をも乗り越えます。何に意欲を持つかは、子供たちによって違いますが、教室では、その子にあった意欲を引き出せるきっかけを常に考えています。「紅蓮華」の完成が楽しみです。

コミュトレでは、先月「自分のことを名前で呼ぶか呼ばないか?」というテーマで話し合いました。実際、意見を言ってもらうとき、自分の立場側の意見はすぐ思いつきます。でも、コミュトレでは必ず反対の意見も言ってもらいます。そこで、鍛えられるのが、イメージ力です。子供たちは、実際「ぼく」「私」と使っている子がほとんどだったので、自分のことを名前で呼ぶ心理がなかなか思いつきません。その時、私が「じゃあ、ふわちゃんはなぜ自分のことをふわちゃんっていっているのかね?」と、ヒントを出してみると、みんなの思考がつながって、意見がポンポン出てきました。「名前を憶えてもらいたい」「目立ちたい」など。この思考をつなげる作業がどんどん早くなると、話すことも、勉強にも困ることはありません。コミュトレは、何事も1つの見方だけでなく、広い視野で物事をとらえる練習もしています。

タイピング大会毎パソ、今回、当教室では6歳~80代まで出場しています。練習すればするほど、欲がでます。本番では、自己ベストを出したい。ミスカウント数がオーバーして、記録が出ないという結果だけにはなりたくない。競技の1分もしくは5分間、いろんなことを考えてしまいます。それは、私も含め、みんな同じです。でも、本番は、いろんな考えは全て忘れて、今まで練習してきた自分を「できる」と信じることです。結果は、その先にあります。自分を信じた結果は、11月初旬を予定しています。お楽しみに!

3.イベント情報

□マナクラ部 Vol.17 

 釣り大会やブランチマイニング大会など、みんなが楽しめる企画や、ネザーランドを探検し、ネザー要塞発見のため協力する人、お店を作り商品を売買したり、自分のできる範囲で協力しながらワールドを楽しんでいます。マイクラが好きな子、Java版(パソコン)の面白さを体感しませんか?見学無料です。見学、参加ご希望の方は、村松まで。

※現在、マナクラ部は定員に達したため、新規入部は受付しておりません。

日時:10月31日(土)13:00~15:00(※開始時間、お間違えなく!)

場所:マナカル豊川諏訪校(換気を行いながら、全員教室で行います)

参加費:500円

残席:0名(入部をご希望の方は一度ご相談ください。)

入部要項はこちらをご覧下さい。

□第39回「ママのための写真整理教室」11月開催

11/5(木)13:00~15:00 

@カメラのキタムラ豊川諏訪店

講師 写真整理上級アドバイザー 村松葉子

スマホに写真がいっぱいで撮れない…

何千枚とスマホに撮りっぱ

なしになっている写真。

こんなに撮ってるのに、いつ見返すの?

この矛盾を、解決します。

まずは、お気に入りの1枚を、簡単に見返す方法から

一緒に始めませんか?

子供たちの写真をお部屋に飾ると、

子供たちが自分のことをもっと好きになり

自己肯定感の向上につながります。

ステイホームの今がはじめ時です。

詳しくはこちら

4.がんばってるお母さんへ 気持ちが軽くなる処方箋コラム Byアツシ

こんにちは、ライフデザインエンジニア(人生設計技術者)のアツシです

 『否定からは何も産まれない』って聞いたことあります?

「それはダメ」「宿題しなきゃダメ」と思わず言っちゃう『ダメ』って言葉。それを言われた時は、治さなきゃ、やらなきゃと思っても、また同じことを繰り返す。何故ならば、『次にどうしたら良いのか?』を具体的に伝えてない。だから、何も産みださない。生まれるのは『怒られた=自分はダメ』って感情とお互いのストレス。それを防ぐには『今と未来』をセットで伝えると良い。『今の行動はしょうがない、次はこうしよう』って次につなげる。次に活かせば、失敗は経験に変えられる。本当は失敗なんてない。だけど本人が失敗と思ってしまう。それが『怒られた=自分はダメ』の怖さ。でも思わず言っちゃいますよね。だから『言っちゃったものはしょうがない、次は具体的に伝えよう』って、まずは自分を肯定してみて下さい。肯定から新しい能力は芽吹くと思いますよ。

ツイッター(@paparn883)、ブログでも情報を出していますので、よろしくお願いいたします。

運営サイト「きっとうまくいく」はこちら

5.教室よりお知らせ

・コースの変更、退会は、前月の3日までにお知らせください。

・マナカルKidsの授業の振替について、授業開始後のご連絡の場合、振替はできません。必ず授業時間前までにご連絡をお願いします。

・子供さんの気になることやご相談がありましたら、面談を受け付けております。こちらのメールにご返信いただくか、お気軽にお声がけください。

・ぜひお友達をご紹介ください。¥3,000の図書カードを進呈いたします。

・本メルマガのご感想などは、このメールアドレスへご返信をお願いします。

・メルマガの配信停止は、お手数ですが下記の「配信停止」のリンクから、本文にお名前を入力いただき送信してください。

mailto:info@sima56.com?subject=配信停止

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

バックナンバーはこちらからどうぞ。

今日も元気でありがとう

令和2年10月20日発行

マナカル豊川諏訪校 村松葉子

豊川市諏訪3丁目165-1

0533-79-4979 

info@sima56.com

data-ad-client="ca-pub-1615557096658435" data-ad-slot="9812353100" data-ad-format="auto">