いつもありがとうございます。

 パソコン教室 マナカル豊川諏訪校の村松です。

 4月は、入学、進学、新しい環境にワクワクする気持ちと新しい環境になじめるかなと心配な気持ちといろんな感情が沸き、気持ちが不安定になることあります。でも、マナカルに来る子供たちは、いつも通りの笑顔を見せてくれて安心しています。

 子供たちが環境の変化に順応できるのは、安定したご家庭の存在があるからだと思います。子供たちが安心できる環境で、この1年ものびのびと成長してくれることを願っています。

*********************************************

【今月のもくじ】

  1. 校長コラム「資格は自分の強みになるから価値がある」
  2. 教室のようす
  3. イベント情報
  4. がんばってるお母さんへ
    気持ちが軽くなる処方箋コラム Byアツシ
  5. 教室からのお知らせ・配信停止

*************************************************

1.資格は自分の強みになるから価値がある

プログラミング検定やMOS検定、漢検や英検、世の中にはさまざまな資格があります。資格は、学習を進めていく上で、目に見える成果として、目標にしやすいというメリットがあるので、教室でも資格取得を目標に、たくさんの生徒さんががんばって下さっています。でも、はっきり言って、資格が、いい高校、いい大学、いい就職先をもたらしてくれるわけではないと私は思っています。だったら、何のために資格を取得するの?そんな声が聞こえてきそうですが、私が思うところは、資格を取得することで、「自分の強みを手に入れて、自分に自信が持てるようになる」ということが一番の価値だと思っています。

例えば、自分の得意なこと、がんばったことを、どうやって人にアピールしますか?資格を持っていれば、自信をもってアピールできます。

高校受験、大学受験、就職試験など、資格が結果を引き寄せるのではなく、自信をもって臨んだ自分のマインドが、結果に大きく貢献するのです。

例えば、この春高校1年生になったマナカル生のコウスケ君。ジュニアプログラミング検定のゴールド級(1級)を取得した彼は、第1志望の工科高校にみごと合格!

受験勉強と資格を強みに、自信を持って受験に臨み、最高の結果を引き寄せました。

みなさんも資格取得を目標に、自分の強みをどんどん磨いていきましょう!

教室では、その彼に、マナカルと受験勉強の両立などインタビューをしました。

ブログ「高校受験とJrプログラミング検定」

2.最近の教室

プログラミングの初歩の段階では、はじめは、キャラクターを動かす操作を学びます。動かせるようになったら、イメージ力を鍛えることを意識します。その方法のひとつに、物語をつくってもらいます。キャラクターを増やし、それぞれタイミングを合わせて、物語に沿った動きを考えてもらいます。この時、学んだ操作を応用し、論理的思考が養われます。また、自分の考えた物語に近づけるよう、何度もトライアンドエラーを繰り返します。そうすると自然と粘り強くがんばれるようになります。プログラミングは、パソコンの操作はもちろん、学校の勉強でも必要な応用力や粘り強さが鍛えられます。

コミュトレ生は、新しい生徒さんが加わりメンバーが変わりました。コミュトレの先輩たちは、聞くときの姿勢、積極的に挙手をしたり、気を引き締めてがんばっている姿が見られます。その雰囲気が、新しい生徒さんにもいい影響を与え、みんながためらうことなく発言ができる雰囲気が作れています。このように子供たちが自ら考え、積極的に参加できる授業が、子供たちをますます成長させています。

3.イベント情報

■マナクラ部 Vol.22 4月開催

釣り大会やブランチマイニング大会など、みんなが楽しめる企画や、ネザーランドを探検し、ネザー要塞発見のため協力する人、お店を作り商品を売買したり、自分のできる範囲で協力しながらワールドを楽しんでいます。マイクラが好きな子、Java版(パソコン)の面白さを体感しませんか?見学無料です。見学、参加ご希望の方は、村松まで。

※現在、マナクラ部は定員に達したため、新規入部は受付しておりません。

日時:4/24(土)15:30~17:30

   Vol23は、5/29(土)午後を予定しています。

場所:マナカル豊川諏訪校(換気を行いながら、全員教室で行います)

参加費:500円

残席:0名(入部をご希望の方は一度ご相談ください。)

入部要項はこちらをご覧下さい。

■オンラインワークショップ「ファブリックフォトパネル」


2021年4月29日(木・祝)13:00-14:00

イベント出店で大人気のファブリックフォトパネルを、ご自宅で作って頂けるワークショップです。スマホ写真を布に印刷し、木のパネルに貼り合わせて写真おしゃれにかざります。

詳しくはこちら

■第44回「ママのための写真整理教室」4月開催

2021年5月6日(木)13:00~15:00 

@カメラのキタムラ豊川諏訪店

講師 写真整理上級アドバイザー 村松葉子

※コロナの状況次第で、開催場所が変更になる可能性があります。

スマホに写真がいっぱいで撮れない…

何千枚とスマホに撮りっぱ

なしになっている写真。

こんなに撮ってるのに、いつ見返すの?

この矛盾を、解決します。

まずは、お気に入りの1枚を、簡単に見返す方法から

一緒に始めませんか?

子供たちの写真をお部屋に飾ると、

子供たちが自分のことをもっと好きになり

自己肯定感の向上につながります。

ステイホームの今がはじめ時です。

詳しくはこちら

4.がんばってるお母さんへ 気持ちが軽くなる処方箋コラム Byアツシ

仕事を教えていて、自信がない若手が多いと思う今日この頃。

正解が自分の中にないから、自信が持てないと思いこんでしまう。

これは、学校教育の弊害なんだろうなぁと思うわけです。

学校は正解を教えてくれる。

そして、正解までの過程や正確さを競う。

結果はテストや成績。

社会は人の数だけ正解がある。

そして、まわりの納得を求められる。

だから、過程や正確さより、速さを求められる。

結果は納得なんていう、不確かなもの。不確かな結果を手に入れるためには挑戦する回数が必要。だから速さで何回も挑戦するしかない。

これが学生と社会人の大きな差。

これが理解できず心が折れてしまう子。自信を無くしてしまう子が本当に多い。

とくに勉強ができた子たちに、この傾向が強い。

考えるチカラと、相手の欲しいものを想像するチカラ。

この二つは、挑戦と失敗からしか得られない。

だから仕事を教える上で、『失敗をしても大丈夫だよ』から始める。始めは間違いをしきりに謝る子が多い。

だけど、あやまってるうちは本当の成長はない。

自分が挑戦してベストを尽くしたとき、人は間違いを認められない。

だから、謝らずに正当化する。言い訳をする原理がこれ。

だから謝らなくなったら、自分でちゃんと考えはじめたんだなって判断してる。それと比例して、若手の笑顔もふえる。自分で仕事を創生し始めるから。

子育てと部下育成はとても似てる。しかも他人の子を育てるぶん難しい。だから楽しいし、楽しめる努力をするわけです。

子育ての気づきになれば幸いです。

ツイッター(@paparn883)にて、情報を発信しています。こちらもよろしくお願いいたします。

5.教室よりお知らせ

・コースの変更、退会は、前月の3日までにお知らせください。

・マナカルKidsの授業の振替について、授業開始後のご連絡の場合、振替はできません。必ず授業時間前までにご連絡をお願いします。

・子供さんの気になることやご相談がありましたら、面談を受け付けております。こちらのメールにご返信いただくか、お気軽にお声がけください。

・ぜひお友達をご紹介ください。¥3,000の図書カードを進呈いたします。

・本メルマガのご感想などは、このメールアドレスへご返信をお願いします。

・メルマガの配信停止は、お手数ですが下記の「配信停止」のリンクから、本文にお名前を入力いただき送信してください。

mailto:info@sima56.com?subject=配信停止

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

バックナンバーはこちらからどうぞ。

今日も元気でありがとう

令和3年4月20日発行

マナカル豊川諏訪校 村松葉子

豊川市諏訪3丁目165-1

0533-79-4979 

info@sima56.com

data-ad-client="ca-pub-1615557096658435" data-ad-slot="9812353100" data-ad-format="auto">